妊娠~出産の基礎知識

【出産準備ホルモン】関節や靭帯を緩めるリラキシン

妊娠すると出産時に産道が広がるよう卵巣から関節や靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。そのため、骨盤が狭い形をした方やもともとゆがみを持っていた方などはまだ、お腹の出ていない、妊娠初期の段階から骨盤がゆがみ、腰痛や恥骨痛といった症状がでる方もいます。そして、お腹が大きくなる妊娠後期には、関節や靭帯が緩んでいるところにきて、更に身体の重心がずれ、姿勢がゆがみますので、骨盤がゆがみ、腰痛が起こります。よく、妊娠すると腰が痛いからしょうがないよね?。と諦めるのではなく、しっかり自分の身体と向き合いセルフケアできる方法を知り、そして心も身体も豊かなマタニティーライフを送って頂きたいと思います。
そのためには、まずは自分自身がどの程度の骨盤のゆがみがあるのか症状などを確認しながら知る必要があります。その上で、骨盤体操いわゆる操体法といって心地よりストレッチを行い骨盤輪の支持を行っていくことをお勧めします。そして、出産後にはホルモンの影響で緩んだ骨盤、分娩時に広がった骨盤をしっかりもとの位置に戻し産後のマイナートラブルといわれる尿漏れや腰痛などの症状が起こさないようにケアが必要です。産前・産後にしっかりとした骨盤ケアを行うことで妊娠中の快適さ、そして産後の身体の変化だけではなく将来年老いた後も健康な体を維持することが出来ると考えます。骨盤は身体の真ん中にあり、重要な要です。ここの中心部がゆがむと、それぞれの骨格にゆがみが生じ元気な生活とはかけ離れてしまうのではないでしょうか。